Log of ROYGB

はてなダイアリーが廃止されるので、引っ越しました。

「愛はブーメラン」と「LOVEさりげなく」

「愛はブーメラン」と「LOVEさりげなく」という歌が何か似ているなと思いました。

どちらもかなり前のアニメの歌で、時期的にもそんなに離れていないのではないかと思います。歌詞も似ていて、タイトルにブーメランが入ってる「愛はブーメラン」だけでなく「LOVEさりげなく」の歌詞にもブーメランが出てきます。

知らなかったのですが調べたら作詞は同じ人なので、真似をしたというよりは同じようなモチーフでつくったみたいなことでしょうか。

ブーメランというのは最近だと悪口や批判として使われることも多く、これは投げたブーメランが戻ってくるという特徴から自分の言った他者への攻撃が自分にも当たってしまうみたいな感じです。この2つの歌のブーメランは、やはり投げたものが戻ってくるというブーメランの特徴をふまえてのような気がします。つまり、投げた気持ちがブーメランのように戻ってくればいいのにといった。

 

 


愛はブーメラン 松谷祐子 (AMV)

 

 


魔法の天使 クリィミーマミ ED2 [STEREO]

 

 

ポン酢と言ったらポン酢醤油?

ポン酢を買ってきてと言われて味ポンではなく黄色いポン酢を買ってきたら文句を言われたという話をネットでみかけました。

 

妻に「ポン酢買ってきて。間違えないで」と念を押されて買ってきたら怒られた……「理不尽」「普段の食卓を把握すべき」ほか解決策など - Togetter

 

ミツカンでは商品名として味の付いたポン酢醤油味ポンとしていて、かんきつ類の汁と酢だけのはポン酢としています。

国語辞典によると、ポン酢はポンスから変化した言葉とされていて、ポンスの説明にはかんきつ類を絞った汁のように説明してるものが多いです。

ところが、広辞苑ではポン酢の説明に醤油を加えたポン酢醤油も入っています。

sakura-paris.org

 

他に 明鏡国語辞典がポン酢をポン酢醤油の略としてのせています。

広辞苑でも古い版だと単にポンスと同じとしてるので、ポン酢醤油をポン酢と呼ぶのはわりあいと新しい言葉の使い方ということになりそうです。しかし今の広辞苑が醤油を含んだポン酢醤油もポン酢の説明にのせているのだから、ポン酢と言ったらポン酢醤油も間違いであるとは言えません。

アマゾンの商品検索でポン酢を検索しても出てくるのは味の付いたポン酢醤油がほとんどで、昔ながらのポン酢を売ってるのはミツカンくらいのようです。ただそのミツカンの商品が有名なので、ポン酢といえば昔ながらのポンスとしてのかんきつ類の汁で、味が付いてるのはミツカンの商品名である味ポンと思ってしまう人もわりといるということなのかもしれません。

 

ミツカン 味ぽん 360ml

ミツカン 味ぽん 360ml

 

 

 

ミツカン ぽん酢 360ml

ミツカン ぽん酢 360ml

 

 

 

ヤマサ ええぽん酢 1800ml
 

 

ドラゴンボールは異世界マンガか?

少し前に「ラゴンボール外伝 転生したらヤムチャだった件」というマンガが公開されて、異世界転生のアイデアドラゴンボールに適用してるのですが、そもそもドラゴンボールの舞台が異世界なのかなあといったことを考えました。

 

ドラゴンボールの舞台は地球ですが、日本やアメリカといった国は存在しないし、ポイポイカプセルといったこっちの世界には無い発明品も存在します。そういうことからすると、ドラゴンボールの舞台は異世界なのですが、ドラゴンボール異世界マンガとして意識することはあまりないような気がします。

他の有名ジャンプ作品でも、ワンピースやハンター×ハンターの舞台はドラゴンボールと同じく、今のこの世界とは違う異世界であると言えます。

これがサザエさんクレヨンしんちゃんくらいなら、架空の地名は出てくるものの、異世界ではなく視聴者のいる地球のどこかだと考えることができます。

日本の架空の地域ではなく、架空の国の場合もあります。少し古いけどカリオストロの城カリオストロ公国は架空の国です。

 

ジブリアニメでもトトロは昔の日本、千と千尋の神隠し現代日本だとして、他は架空の国や地域のような気がします。ラピュタガリバー旅行記が存在するけど飛行船の発達などはこの世界とは違うから異世界度が強めだし、魔女の宅急便はわずかに魔法が存在する以外はこの世界に近い異世界としても弱め。もしくはトトロみたいに不思議なことはあるけど異世界ではないと考えることもできそうです。

魔女の宅急便は、主人公が親元を離れて別の場所で生活するという点では、いわゆる異世界転移物に近いパターンとも言えそうです。弱いけれども魔法と言うチート能力を持ち、自分を知る人が誰もいない新たな場所で生きていくというのは、いわゆるなろう小説でもありそうではないでしょうか。

千と千尋の神隠し現代日本から異世界に入り込んでしまうというのや、生きていくために苦しい労働に従事するというのは、悪役令嬢の転落物のような感じもします。それか昔の小公女のようなパターンとも考えられます。

 

ドラゴンボールに話をもどすと、孫悟空は赤ちゃんの時に地球に送り込まれたサイヤ人です。この宇宙から来た赤ちゃんというのはスーパーマンとの類似性もあります。

スーパーマンも地球から見れば宇宙から来た赤ちゃんだけど、視点をクリプトン星におけば地球という異世界での転生的なパターンとも言えます。

 

「風雲児たち」と「けものフレンズ」

風雲児たち」というマンガあって、関が原の戦いから幕末へかけてが舞台なのですが、電子書籍で読み返している時に気になるフレーズがありました。

4巻は解体新書の翻訳の話なのですが、173ページに前野良沢のセリフとして「たたた食べないでください~」のが出てきます。

今この言葉を目にすると「けものフレンズ」のかばんちゃんが連想されるのですが、「風雲児たち」の方が昔の話です。では「けものフレンズ」が「風雲児たち」から流用したのかというと、そうでもなさそうです。

風雲児たち」の巻末には作中のギャグについての解説があるのですが、この食べないでくださいにも吉本の島田譲二と間寛平のネタだと書いてありました。なので「けものフレンズ」の元ネタもこっちの可能性の方が高そうです。もしくは偶然なのか。

 

ツイッターの凍結と解除

ツイッターアカウントが凍結されて解除されました。

はてなブックマークと連動させていたツイッターアカウントhttps://twitter.com/ROYGB23456が少し前まで凍結されてました。最初は不審なアクセスがあったのでSMS認証をしろとなっていたのですが、何度やってもSMSは届きませんでした。

これはYモバイルのPHSが海外からのSMSを受け取らないことが原因だとわかったのですが、理由がわかってもSMSが受け取れるようになるわけでもなく、そのままになってました。

その後、特に何かをやったわけではないけれど凍結状態になってしまいました。

しばらくはそのままにしておいたのですが、そういえば異議申し立てもできるというのに思い立ったので、やってみたら凍結は解除されました。凍結の理由とかは不明だったので、異議申し立ての内容もそんな感じで書きました。

はてなブックマークとの連携は解除してあるので、とりあえずは過去の書き込みが読めるだけの状態です。5月30日の書き込みが最後なので、その位に何かあって制限されたんだろうと思います。

 

 

「大航宙時代」の続編を原書で読む7

19章から21章まで。イシュが船内船外を問わずモテモテっぽいのは主人公だというのを別にすれば若い有望そうな新人だからなんでしょうか。

 

第19章 ダンサニー通り太陽系 2352年4月17日

 引き続き飲み会のシーン。今度はアリシアアルバレスと話がはずむ。イシュの着ているジャケットについて聞かれるが、シェ・ヘンリで買ったと言っても信じてもらえない。

 

第20章 ダンサニー通り太陽系 2352年4月17日

 イシュはアリシアと2人で店の外にでる。マードックとピップの話をしてるけど、詳細は読み取れず。その後、イシュはアリシアが泊まっているホテルの部屋に行く。

 

第21章 ダンサニー通り太陽系 2352年4月18日

 翌朝にアリシアと分かれて船に戻る。入り口の当番のサンディとの会話で、昨夜のことが噂になってるのを知る。朝食の時にピップとも話してから、職場に顔を出す。

上司のブリルとのわりと長い会話は、仕事の話ではない感じ。

 

「大航宙時代」の続編を原書で読む6

16章から18章まで。

 

第16章 ダンサニー通り太陽系 2352年4月15日

ダンサニー太陽系のステーション到着後最初の12時間シフトを終えたイシュは、フランシスに仕事を引き継いで一休み。

イシュはベブ、ブリル、ダイアンの三人と服屋に買い物に出かける。イシュがセントクラウドの店で紹介されたシェ・ヘンリという高級店で、データチップの紹介状を渡すと店主自ら相手をしてくれる。

 

 

第17章 ダンサニー通り太陽系 2352年4月15日

 ショッピングが終わり、ダイアンは6時からの当番の為に離脱。残りのイシュ、ベブ、ブリルは夕食に向かう。イシュも翌日に当番があるのであまり遅くならないようになどとからかわれる。

翌朝は食堂経由でコーヒーを持ってダイアンのところに行き、仕事の引継ぎ。そのあとにまた食堂に行って朝食。ピップとサラからフリーマーケットの様子を聞く。サラが作ったショールの売れ行きは好調らしい。

夕方に仕事をフランシスに引き継ぐ。 

 

第18章 ダンサニー通り太陽系 2352年4月17日

 食堂での夕食時にブリルとダイアンを見かけたが、イシュにはわからない話をしている。夜に飲み会に出かける。相手はまたベブ、ブリル、ダイアンの3人。イシュは女性陣の格好に驚くが、そんなのは飲みに行った先での船乗り仲間に比べればおとなしいものだった。

飲みに行った先ではイシュ以外は知り合いも多いみたいだけど、新人のイシュに興味を持つ女性も多く話相手には困らない。前にロイスで働いていたというマードックは自分達2人には共通点が多いと言う。

 

新しい目的地のダンサニー通り星系のステーションでの話になります。仕事の合間に女性三人連れで買い物に飲み会と忙しいイシュですが、18章からすると、飲み会の予定があったからそれ用にいけてる服を用意したのかも。